マルチプレイで部屋に入れない件で世界中イライラ

マルチプレイで部屋に入れない件で世界中イライラ

マルチプレイ ドラガリアロスト

 

ドラガリアロストニュース
管理人

ドラガリアロストでは現在、共闘の翼回復時間が半分になるキャンペーン中でホストよりゲストの方が多くなりマルチプレイがすぐにできないバランスとなっています。

この現象は、日本だけではなく海外でも同じように悩まされているようで海外の掲示板等でも議論になっています。

現状は、ホストになるメリットが微妙ですよね・・・
黄金へ至る道周回は、マルチプレイになればレアエネミーの確率があがりますが放置勢もいるせいでソロでやったほうが気がらくだったりもしますし・・・

今回のキャンペーンはいっそのことスタミナも同じように半分にすればよかったのにって自分は単純におもっちゃいますけどね・・・

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

マルチに全く入れない問題
昨日からずーっとor2

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

お任せ入室じゃないと手動は入れんよなゲスト多いぜ

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

やっとの思いで入れた部屋が連戦してくれる主さんだととても嬉しい(´ー∀ー`)

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

マルチなんか荒れてるイメージあります。
ホスト時、開始から動かないキャラがいて、そんな時に限ってレアが沸いて、逃がすとホスト放り投げたくなる(動いてくれてるプレイヤーもいるからやらないけど)。
またゲストに混ざった際もリタマラしてるホストさんに混ざってしまった時も多々ある。
くだらない愚痴すまない。

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

ホスト旨味ないもんね(><)
椅子取りゲームとかした(><)

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

遺跡しか入れんのだが( ˚᷄⌓̉˚᷅)
なんでいきなり需要高くなったのか

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

さらにレベルアップ分などの羽補てんを考えると、、、
ゲストゲーが加速しますね

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

ソロと比べての旨味ならレアわきやすいって嬉しいんだけどね。
その分、放置でレア逃がすと反動強いわけで。
迎撃戦で放置する恐ろしいプレイヤーが増えたから、迎撃戦でのホストいま控えてる

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

羽の数が倍、回復時間半減でゲストが増えすぎたから

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

マルチ環境による、個人でのスタミナ消費する人の割合高いのも追い討ちかけてます。

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

ホストのスタミナ半減キャンペーンで全部解決(・ω・)ノ

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

3人分の経験値減らしてマルチにして、ホストにホストボーナス付けるなりしないとメリット無いんだよな

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

高難易度以外は、ホストボランティアだからね~。
マナーなってないゲスト多いとどんどんホストボランティア死滅してくで()
大型レイドはある程度緩和されるだろうけど(ソロ討伐とか面倒くさい

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

おいらは気づいたんだ。
普段なら金クエとかソロオートして、迎撃とか試練をゲスト消化してたけど、比較的入りやすい成長やら金クエをゲストでまわして、試練、迎撃はホストやるのが早いw
まぁ、今日からはイベだけどね

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

基本みんな同じ考えなので、羽激戦区なんですね!

 

ドラガリニュースアイコン
【ドラガリ】

寝起きで羽が上限の12まで貯まった朝はゲスト多いんだろうし

 


Hosting after the Getherwing Update from r/DragaliaLost

ドラガリアロストニュース
管理人

【要約】

左上のコマ・・・風属性の迎撃にゲストではいろっと

右上のコマ・・・部屋が見つからない

左下のコマ・・・「部屋を作ってホストをすればいいじゃない」

右下のコマ・・・エゼリットが群がる

 

 


Hosting Co-op incentives from r/DragaliaLost

ドラガリアロストニュース
管理人

【要約】

共闘の羽問題で部屋が見つかりづらくなってる。

ホストをやりたがるようなメリットが現状はない。

ホストとゲストのバランスをとるためにはホストにメリットを追加するといいと思う

例えば、ソロでクエストをする場合と比較してスタミナのコストを25%下げたりするといい。
スタミナ20なら15にしたりすればいい。

25%だと高すぎるかもしれないけど、もしそれが5%でも、周回しようとしている人にとっては魅力的である。

 

ニュースカテゴリの最新記事